LIFE CREATE - ライフクリエイト

スマホ用メニューの開閉

スタッフ紹介 - Staff

Home Voice Staff Saori Kubo

物事を楽しくするのも、つまらなくするのも、すべての起点は、自分自身

研修事業リーダー 久保沙織 / Saori Kubo

「あなたにとって、
仕事の価値ってなんですか」。

7年間の販売職を経て、ライフクリエイトへ転職したのは25歳のとき。同年代の友人が仕事でキャリアアップしたり、結婚したりと前に進んでいく中で、自分自身も変わりたい、と思ったのがキッカケでした。
やりがいを求めて選んだインストラクター職でしたが、仕事に楽しみを見出だせず、入社半年で退職を宣言。そのとき社長の前川に、こう言われました。「あなたにとって仕事の価値ってなんですか」って。
私は「仕事の価値」や「やりがい」って、環境が与えてくれるものだと思っていたんです。だからずっと自分の不満を、仕事や会社、環境のせいにしていた。でも本当は仕事の価値って、目の前のことに自分なりに意味づけをして、充実させていく先にしか見出だせないものなんですよね。物事を楽しくするのもつまらなくするのも、すべての起点は、自分自身。そう気がついてから、だんだん物事への見方が変わってきました。レッスンや、タオルの畳み方ひとつとっても、一番いい方法を求めて工夫を重ねてみたり。店長、スーパーバイザーといったステップアップにともなってチャレンジを重ねていくうちに、新しい世界がどんどん広がっていきました。そんな私の姿を見たお客様から「キラキラした久保さんを見たら、私も元気になります」とお言葉をいただけることも。「つまらない」と決めつけていたかつての日々が嘘のように、「いかに自分を活かし、物事を楽しみつくすか」という意欲は、今やきっと誰にも負けません(笑)。

女性の社会進出にあわせて、
教育の形も変わっていく。

2015年から人財育成部を立ち上げて、部長として、インストラクター養成スクールの運営や、リーダー研修、スキル研修といった社内研修運営に携わっています。
ライフクリエイトでの人財育成で大切にしているのが、「自己承認」「パートナーシップ」「夢実現」という3つの考え方。まずは自分が自分自身との約束を守る経験を促すことで、自己信頼や自己承認を高めます。自己承認できれば、相手を認められるようになるため、人との信頼関係に基づくパートナーシップを築けるようになります。そして、パートナーシップで結ばれた仲間たちと、夢(ビジョン)を描き、実現させていく。その成功体験が、また自己承認へとつながっていく…、という好循環が育成の原理原則だと考えています。
私たちの会社にとって人を育てるということは最も重要なこと。
そこに感動を創り出し、仲間と共に私も成長していきます。

久保 沙織 /くぼ さおり

2007年入社。前職はミュージアムのショップ販売員。ライフクリエイト入社後は、函館店、札幌店、旭川店と経験を重ね、店長として仙台店の立ち上げに従事。店長兼スーパーバイザーを経た後、2015年人財育成部の立ち上げをきっかけに部長に就任。ライフクリエイトの人財育成に携わる。